放射線治療・・・温存の希望

yaccoさんの記事でオンラインで2005年10月の日本医学会のフォーラムの内容が
オンラインで見ることができることを知りました。オススメです。
乳がん患者のひとりごと
(Online ライブラリー : 第1回 日本医学会公開フォーラム)


日本医学会ホームページ
  テーマ:医学・医療の今―がんに挑む(シリーズ1)
  日時:平成17年10月8日(土)13時~16時

([Online ライブラリー]-[日本医学会公開フォーラム]-見たい講演をクリック)
http://www.med.or.jp/jams/index.html  

ここで放射線治療について講演されている廣川裕先生・・・
放射線治療って本当に効くの?なんて思っている人は是非見ていただきたい。

easyの放射線治療でお世話になった先生の1人なのです。
毎週診察していただいておりました。
機械もこのスライドの通り・・・ああナンだか懐かしい。
写真もデータも、見覚えがある。

手術・治療はO病院で受けていたのですが、
放射線治療の機材の入れ替えで別の病院を探して通いました。
放射線治療のみJ大へ。
治療後のフォローはK先生のみになってしまいましたが、どうやらお元気そうだ。

具体的に突っ込むeasyに対して廣川先生は一つ一つ応えてくれました。
ある日、学生3~4人が診察の見学に来ていたときのこと。
先生 「easyさん、患者の立場から彼らに何か言ってやってください」
easy「この治療(放射線)にかけてるんです。」
先生 「患者さんは常に命がけなんだ。」

先生は講義を兼ねて私に色々な写真を見せてくれた。

上記オンラインライブラリーの廣川先生の講義を見ていただきたい。
(スライド一覧の4番目のグループ)
その中に胸骨リンパ節転移の方の写真がある。
首の辺りにコブシ大ぐらいあろうかという癌の塊が突出している。
しかし!放射線治療後の写真も見て欲しい。
そのコブがキレイに無くなっているのだ。

他に、一方の乳房は全摘出。もう一方の乳房は温存(+放射線)した方の
写真を見せていただいた。
全摘と温存(+放射線)が同じ再発率であるデータの象徴だった。

データやこういった昔治療を受けた方の写真を見ながら、涙が出てきてしまった。
壮絶な胸の傷をかかえながらも、がんばって生きた人たちがいるのだ。
いまの標準治療・・・その模索に貢献し、未来を見出した人たちがいたのだ。


先生はちょっとびっくりして
「辛い写真も多かったかもしれないね。
でも、放射線治療はこれほど効果のあるものなのです。」


ごめんなさい。わかります。わかります。
放射線って見えない良くわからないものだけど、
病院を探すときは落とし所のない分野で不安ばっかりだったけど、信じます。信じます。
断端だって絶対大丈夫だって、今は思えます。
先生、ありがとう。
***
<関連記事>
放射線治療の日々(治療のメカニズム・下着など)
治療(その3局部的な再発防止の治療)
[PR]
by easy-easy | 2006-02-07 17:23 | -局所(放射線治療)

忘れたくない日常を残そう、楽しくブログライフを過ごしていたら’05.1に乳ガンを宣告。温存できましたが3~5年前なら全摘のケース。1ヶ月入院、放射線後、ホルモン治療。下記カテゴリをクリック!!無断転載不可です


by easy-easy