<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ホルモン治療と副作用③

前回まで  →ホルモン治療と副作用① →ホルモン治療と副作用②

今回はソモソモ論「ホルモン治療ってナニ?」
私個人の備忘録・・・色々聞きかじりや、本で学んだことですがー、記事にアップしていなかったこと、まとめてみようかと思います。

これまでも自分の治療にあたって、触れてきてはいます。
乳がんは、外科的に取るだけではありません。ガンの要素は全身にあると考えます。
  治療1:治療(その1外科的な治療)
  治療2:治療(その2全身治療)
  治療3:治療(その3局部的な再発防止の治療)
  治療3 補足:放射線治療の日々(下着・メカニズムなど)
          放射線治療について・・・温存の希望
***
ホルモン療法については100年以上の歴史があります。
1896年乳がんで進行した人に卵巣を取る手術をしたところ、
ガンが小さくなった。それが始まりです。

今でも、卵巣を取るというのは、標準治療の選択肢の中に残っています。
でも、そこまでしなくても、薬でのコントロールが可能になった。
それが現在私たちが受けているホルモン治療です。

なんで、ホルモン治療が効くのでしょう?
女性は年頃になったり、妊娠すると胸が大きくなったりします。
乳腺は卵巣ホルモンの働きに影響を受け、増殖します。
乳がんの細胞は乳腺の細胞から生じるので、
乳がんの細胞もまた卵巣ホルモンの働きによって増殖し、萎縮もする傾向があるからです。

ガンの種類によっては、もともとホルモンの影響を受けないものもあるため、
治療を決めるには、「ホルモンレセプター」を必ず調べます。
外科的に手術を行い、これを病理で調べるのです。
ここで、がん細胞にホルモンの受容体があるか無いか、受容体の量をを調べます。
ホルモンレセプターが(+)で%が高ければ高いほど、女性ホルモンの影響を受けるガンと言えます。

受容体とは、足・・・鍵穴のようなものといったところでしょうか・・・

1.現在のホルモン治療での第一段階の考え方

どの薬を使うか、どの組み合わせにするかは
生理があるか、閉経しているか、年齢によって変わってきます。
考え方としたは2つ。
①体内のエストロゲン濃度を下げる
②エストロゲンはそのまま(減少させる)で、
 それが作用するのに必要なホルモン受容体事体をブロックする。

そしてどの薬を使うか・・・
 ・抗エストロゲン剤=TAM(タモキシフェン)・・・ノルバデックス・タスオミン・フェアストン
 ・LH-RHアゴニスト製剤          ・・・ゾラデックス、リュープリン
 ・アロマターゼ阻害剤           ・・・アリミデックス・アロマシン 

抗エストロゲン剤は、
細胞にエストロゲンをつかないようにするものです。

抗エストロゲン剤であるタモキシフェンには長い歴史があり、
健康な人に乳がんの予防に投与するという臨床実験があったぐらい安全といわれています。
お医者さまにとっても、実績のある薬というのは心強いでしょう。
また、経口剤で毎日1錠お手軽に飲み続けることができます。

しかし閉経前の卵巣が活発だと、
それが対応しけれないほど多くエストロゲンが分泌されている可能性が高い。
だから、LH-RHで卵巣機能を止めます。

LH-RHは性腺刺激ホルモン放出ホルモンです。
脳の間脳・視床下部から分泌されるホルモンで、
これにより下垂体からLH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)が分泌されます。
さらに、これらの刺激で卵巣からエストロゲンとプロゲステロンが分泌されます。
この連携を断ち切るのです。
この薬は、毎月あるいは一定の周期で皮下注射をしなくてはなりません。
閉経前で卵巣機能を抑制するというと、
LH-RHアゴニストのみ、
あるいは(LH-RHアゴニスト+抗エストロゲン剤) ということになります。

閉経後であれば、卵巣機能を止める薬剤を使用する必要はないことになります。
しかし、エストロゲンを補給するために
脂肪組織にあるアロマターゼがある酵素によってエストロゲンに作り変えられてしまう。
それを防ごうというのがアロマターゼ阻害剤で近年注目されているようです。

しかし歴史が浅いので、長期間使った場合の効果や副作用についてはわかっていません。
2003年にスイスのザンクトガレンで開催された国際会議での乳がん術後補助療法の合意事項でも、標準的治療はタモキシフェンで、アロマターゼ阻害剤に切り換えることは時期尚早とされました。


2.第三の選択肢 プロゲステロン製剤
なぜプロゲステロンが乳がんに効果があるのかはあまりよくわかっていませんが、
TAMに準じる効果があるとされています。
現在、日本で使われているのはメドロキシプロゲステロン(・・・商品名:ヒスロンH)。
ただ、この薬には体重増加、ムーンフェイス(※)、
血栓症などの副作用があります。
(※満月様顔貌・・・ステロイド系薬剤の副作用の特徴。顔が満月のように丸くなる)

優先順位は、閉経前にはLH-RHアゴニストまたはタモキシフェン、
閉経後はタモキシフェンまたはアロマターゼ阻害剤であり、
メドロキシプロゲステロンはどちらも3番手の薬とされています。


3.日本でのホルモン剤の歴史
抗エストロゲン剤タキモシフェンが日本で承認されたのが1981年です。
1970年から3万人以上に臨床実験が行われた経緯もあります。
LH-RHアゴニスト製剤のゾラデックス、リュープリンが1994年、
ファドロゾールという第一世代のアロマターゼ阻害剤が1995年。
そして第二世代のアナストロゾールが2001年。

日本でのホルモン療法の歴史はまだ30年ぐらいしかありません。
それ以前のホルモン療法は卵巣摘出や、
女性ホルモンに対抗して男性ホルモンを投与するなど、つらいものでした。

しかし、歴史が浅い分、ホルモン剤の新薬そのものや、
今でも抗がん剤との組合せ・タイミングや
ホルモン剤同士の組み合わせなど、さまざまな研究が進行中です。

色々な日本、海外のガイドライン、ザンクトガレンの決定事項など
気にしていないと最新の情報はわからないし、
主治医のスタンスによっても方法が変わってくる可能性があります。


4.治療の選択にあたって

私の場合、34歳という微妙な年齢、将来の妊娠出産への希望、
医師からの抗がん剤の提案もあった中、
(LH-RHアゴニスト+抗エストロゲン剤)の併用2年。
wash_out期間1年以降に妊娠という道を選び、1年が過ぎました。
抗がん剤をしなかったことを、ベストを尽くしていないのではないかと悩んだこともありました。
最終的に気になったこと、納得した背景は以下のリンクの記事です。
 → フッキッテ、バリへ・・・

5.思うこと

現在、私たちが受けている医療は最先端といえます。
不安はあるけれど、落ち着いてじっくりワンステップ、ワンステップを積み重ねて行こう。

ですが、医者がホルモン治療や抗がん剤を体験しているわけではありません。
風邪薬じゃないんだから。
卵巣を摘出する方法の代替としてホルモン治療が発達したと考えれば、
女性の体に何が起こるか、どんな影響があるか、、、それそのものが副作用なのです。
様々な症状は患者にしか分からないのです。
きちんと声を形にしていきましょう。未来の患者たちのために



<参考>欄外「ライフログ」欄のリンクにも紹介している本。
    ・レタスクラブサードオピニオンシリーズ「乳がん よくわかる乳房温存療法と治療薬」
     JR東京総合病院 川端英孝  (2003年)
    ・NHK今日の健康「乳がん」(2005年)
    ・その他メルマガなど・・・   
   
    
次回は、具体的な治療・症状について。私の実生活を中心に!?


-----
[PR]
by easy-easy | 2006-09-29 14:37 | -ホルモン治療の副作用

祝!ブログ開設2周年

b0028085_11313889.jpg

連載!?をお休みしまして・・・
9月17日にブログを開設して3年目に突入していました(^^ゞ
調子を崩しながらも、ブログを始めて、そのうちに乳がんになって・・・現在の私がいます。
そして想う。ブログの最大の魅力は世論をも共有できることだと。

ここは、医療の専門的な情報を得る為のサイトではありません。
あくまで「参考」でしかありません。
何故、自分のガンについて書こうとするのか
何故、乳がんについて情報を得ようとするのか
何故、乳がんについて伝えようとするのか
このブログや、web ring は、私にとっての1つの答えで、私なりの「患者力」なんです。

このブログを見る方は、乳がんでない人もいらっしゃると思います。

これを読んでいるのが男性ならば、やさしさと、勇気を。
女性ならば、是非、30歳になったら乳がん検診をうけてください。
25歳以降必要なことだと思います。


それには理由があります。少しだけ聞いてください。
医療も含めた日本の現状を、時々考えてみてください。

ガン・乳がんの情報、考え方は多すぎます。病院も多すぎます。
良いドクターにめぐり合っても、自分が勉強し、判断していかなくてはなりません。
何故なら、100%の治癒を保証する治療法がないからです。
100%がないから、すべて患者が選択しなければならないのです。
ガンの発見方法、手術方法、治療方法は、研究中の段階でしかないのです。
そう、、、4~6年前に乳癌になっていたら、私は選択肢なく全摘するしかありませんでした。

さまざまな不安や厳しい選択、体の傷、心の傷、、、
それを選んだのは「生きるための勇気」でした。

今、私がこうしていられるのは、主人や友人、家族、ドクターの支えのお陰です。
そしてブログの仲間の存在は大きな励ましでありました。

乳がん患者の皆さん。
これからも、どうか伝えてください。
今現在受けている治療の根拠は、これまでの沢山の先人たちのデータの結果であり、
それすらも、いずれは過去の物となってしまうのだから。
後遺症のケアについては、またまだ発展途上。
私たちはただのモルモットじゃない。

感謝と未来の患者たちの希望のために、想いをこめて、伝えて残してください。
これからもみんなで笑顔で前を向いていけたら。

・過去の記事は右の欄外の過去記事、あるいは、左の欄外のカテゴリーに全てまとめられています。
・第1号記事はこちら。なんだか恥ずかしいですね。→はじめに
・開設にあたっての経緯は2周年のときの記事でごらんくださいまし。→祝☆1周年!
・ブログを通して自分なりの考えを持ったつもりです。→私のピンクリボン・その1
・こういったことの積み重ねで、こんなこともありました。→私のピンクリボン・その5・AERA

***
年内はちょっと忙しくなります。11月中まではMAX m(_ _)m
自分で自分の首を絞めてるって噂もありますがーーー(^^ゞ
そのため、色々と(相変わらず!?)滞ることもあると思いますが、
記事の方は何とかボチボチUPしていけたらと思っています。よろしく♪
腱鞘炎?靭帯?を傷めたり、耳が外耳炎になったりしてます。
季節の変わり目、体調も、怪我も多くなるかも。
みなさまもご自愛くださいませ。



-----
[PR]
by easy-easy | 2006-09-19 11:32 | -このブログについて

ホルモン治療と副作用②

前回の続きです。
今回はとっても心強いというか・・・「あるある~~~~~!!」って思うと思う。

主治医と一対一もいいけれど、隣の芝が気になることも。
安心して。こんな思いをしてるのはキミだけじゃない。
不安になる症状・・・それは再発とは限らないし、他の病気になったわけでもない。
「ホルモン」というのは、人の体の「調子」そのものに関わる物質です。


以下の<資料>は
都立K病院で行われたホルモン治療に関する貴重なアンケートで解答者数は101人。
→シンポジウム・乳がんについてもっと知ろう~ホルモン治療と副作用について~ (2005.11.12) 
  内容が「がんサポート」にも一部掲載されていました。


調査対象・言葉の前提は上記の前回の記事のリンクからご覧ください。
→ ホルモン治療と副作用①

<資料>
※卵巣機能抑制・・・LH-RHアゴニストのみ、LH-RHアゴニスト+抗エストロゲン剤
b0028085_954289.jpg


資料にあげられている症状は、代表的なものだと思います。

ホルモンはそもそも自律神経にも作用しますし、精神的にも不安定になることだってあります。
性差医療という言葉がありますが、
病気はこれまで男女一緒の治療と考えられることが多かった。
しかし心筋梗塞などの治療方法は、男女によって違いがあるといいます。
例えば血管をやわらかさには女性ホルモンが作用しているとか。
こんな大事なことなのに、この分野の研究は始まったばかり。
乳がんの検診しかり。
長い歴史から見れば、まだ、データを積み始めたばかりといえます。

乳がんのホルモン治療に話をもどしますが、
若い人ほど副作用は強く感じるといいます。
卵巣機能の抑制はそれなりに女性の体には強烈に作用してしまうんですね。
それとも、抗エストロゲン剤の作用が強いのか。。。
アロマターゼ阻害剤は閉経後に使用されますが、ノルバデックスよりも副作用が少ないといいます。
ですが、LH-RHアゴニストや抗エストロゲン剤とは違った症状が出るようです。
年輩の癌友が「指がこわばる~~~~~」といっていたのは、
抗がん剤だけが理由ではないのかも知れません。

お友達に不安がる人がいたら、、、教えてあげましょう。
その症状、結構沢山の人が感じてるみたいよって。
共感してあげてください。辛いわねって。大変ねって。
そして、主治医に、担当科医に、しっかり伝えましょう。

ホルモンに関する研究も、ガンに関する研究も、未知な世界があるのですから。
私たちの声がデータそのものであり、声を残していきましょう。


つづく・・・
次回は治療について、そもそも論的なお話を。
→ ホルモン療法と副作用③


***
年内はちょっと忙しくなります。11月中まではMAX m(_ _)m

そして・・
左手の薬指を中心として腱鞘炎になっています。外傷なんですけどね。→詳細はこちら
おまけに外耳炎?にまで・・・ああ耳が痛い・・・
そのため、色々と(相変わらず!?)滞ることもあると思いますが、
記事の方は何とかボチボチUPしていけたらと思っています。よろしく♪





-----
[PR]
by easy-easy | 2006-09-13 09:50 | -ホルモン治療の副作用

ホルモン治療と副作用①

ホルモン治療のみを選択、あるいは化学療法と併用している人は多いようですね。
私はホルモン治療のみ2年間行うという選択をしました。
当時・・・といっても1年半前のことでしたが、
出来る限り、より安全により確実に妊娠出産がしたいので、自身の条件を踏まえたうえで、
色々なデータを信じたっって感じです。
くれぐれも、私なりの背景があってのことです。
ホルモン治療についてと、背景については以下の記事をご覧ください。
 → その2全身治療(ホルモン治療)

結局、ガンって原因も治療も研究途中なわけだから、
乳がんの標準治療とされても、
その有効性はあくまで「データによる傾向」で決まっているにすぎない。
術後のフォローや治療については、まだまだ手探りの部分があります。それが現実。

それにしても、このホルモン治療。
「更年期障害みたいな副作用がある」といわれたって、
更年期になったことがないから分からない。
2年、5年と長期なわりに、知らなくて不安になることって多いです。

以下の<資料>は、いずれも、
都立K病院で行われたホルモン治療に関する貴重なアンケートで解答者数は101人。
とても興味深い、勇気付けられもする資料でした。
シンポジウム・乳がんについてもっと知ろう~ホルモン治療と副作用について~ (2005.11.12) 
  内容が「がんサポート」にも一部掲載されていました。


<資料>
グラフはすべて<ホルモン治療に関するアンケート調査>(2005.10)

b0028085_8504631.jpg

アロマターゼ阻害剤は閉経後の方が使うと聞きますが、
副作用が抗エストロゲン剤のみで感じる人より少ないのが印象的。
これは今後もポイントになってきますよね。

ここでいうホルモン治療の内容は、以下のものを指します。

抗エストロゲン剤・・・ノルバデックス・タスオミン・フェアストン
LH-RHアゴニスト・・・ゾラデックス・リュープリン
アロマターゼ阻害剤・・・アリミデックス・アロマシン
※卵巣機能抑制・・・LH-RHアゴニストのみ、LH-RHアゴニスト+抗エストロゲン剤

一応、上記資料の前提・補足として、これらも。
(今回のアンケートの対象の人たちについてっていう意味で)
b0028085_9134678.jpg

以下は元がカラーだったのですが、、、グラフの仕切りは区分の順らしいです。
b0028085_9153682.jpg


この病院でも30代って少ないですね・・・
治療の期間については、なんでしょう・・・ちなみにっていう感じなんでしょうね。
サンプリングのためにたまたま通院している人を対象にしていたのでは。
薬剤の歴史が浅いわりに、大体30人前後データとれてるし、、、
この101人の方々がいつから、どんな条件で治療をしているかという差もあると思うし、
とりあえず状況をみる前提として載せてみました。

最初の資料の閉経前卵巣機能抑制については、
抗エストロゲンのみ・アロマターゼ阻害剤のグループよりも
副作用が強く感じられていますが、
薬剤の問題もあるのかも知れませんが、これは年齢的な問題もあるように思います。
平均年齢が38歳ということは卵巣機能抑制を行っている人を30代~40代として、
「本来あるはずの生理をとめる」ということは女性にとって
非常に大きすぎる変化と言えるのではないでしょうか。
これが数年続くわけです。
ホルモンの作用は自律神経に関わりますから、色々な弊害もあるはずです。

もちろん、副作用を感じていない人もいるんです。
できるならその7%に入りたかったですねえ(笑)

つづく・・・
ホルモン治療と副作用②



------
[PR]
by easy-easy | 2006-09-04 07:47 | -ホルモン治療の副作用

忘れたくない日常を残そう、楽しくブログライフを過ごしていたら’05.1に乳ガンを宣告。温存できましたが3~5年前なら全摘のケース。1ヶ月入院、放射線後、ホルモン治療。下記カテゴリをクリック!!無断転載不可です


by easy-easy