<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カミングアウトすること

お題2・カミングアウトする意義とカミングアウトしない意義
乳がんと社会を考えるブロガー同盟のテーマより)

あくまで「カミングアウトする」っていうことについて。

患者向けのプログラムに参加しているうちに、
私の中で「カミングアウト」と「温泉に入る」こととは意味合いが違ってきました。
カミングアウトすることと、身をさらけ出すことは違うということに気づきました。

カミングアウトは、本当に一般の人に自分が「乳がん」であることを告げること。
カミングアウトする前と、カミングアウトした後とは、それぞれ違う悩みが生まれました。

伝えようとするのは、早期発見であれば治療の選択肢が増える乳がんだから。
ただ、話した後はとても疲れます。
私の場合、抗がん剤を使わない、温存してしまった事、そのために「軽め癌」に言われることがあって、うまく受けとめられません。
「命に関わる病気で、いくつかの選択肢のなかで決断」をした事なのですが。
これが移る病気だったら、どうなんだろう・・・。
カミングアウトするときは、自分の事はもっと割り切って、伝えることだけに集中しなければと思う。

温泉とかで「身をさらけ出す事」は、患者同士だとしても無理にさらけ出す必要はないと思う。お互いに見せ合えるような「癌友にだけ」でいいと思う。
私は温存しているので、最初の一歩は全摘している人よりもラクだと思います。
ですが、一般の人たちの中で温泉に入る時、患者同士でプールやシャワーを浴びるとき、
それぞれの場合で私の心の中に「壁」ができました。

一般の温泉では私の胸の大きな傷をみて、
さり気なく温泉を出て行かれました。お陰でいつも女湯は独占。

後者は以外に思われるかも知れませんが、
患者向けのプログラムでプールに入った後の温浴などで
「温存だからパットなんていらないじゃない」と言われたり、話の流れで水着を覗き込まれたり。隠す必要、補う必要なんてないといわんばかり。
私が最年少だったからかも知れませんが、、、、
ある人に、思わず手術をしていない方の胸を見せた事もあります。
「あ、あ、元は巨乳でいらっしゃったのねーー・・・・」
胸が大きかったから、残せる部分があった。脂肪があったから、胸を作れた。
ただ、左右差の問題はあるし、乳首があっても
この胸で赤ちゃんにオッパイを上げることも出来ない。
もとの体にはもどれない。

それ以降、患者しかいなくてもしっかり胸を隠して着替えるようになりました。
その方がお互い傷つかない。


癌友とは胸を見せ合える仲。水着も一緒に探しに行きます。
彼女は全摘のおばさまだけれど、とてもきれいな体だって知っています。

女性なんだもの。全摘だろうが、温存だろうが、大事なところは十分出し惜しみしていいと思う。
無駄にカミングアウトする必要もない。
自分を大切にすること、他者との距離感はとても大切なことだと思う。
小出しにすることで、自分自身を正しく伝えられることもあると思う。
お互い傷つかないこともある。

術後、色々な壁がある。
[PR]
by easy-easy | 2006-01-30 19:02 | ●乳がんと社会を考える同盟
去年の今頃シリーズの続きです。2004.12.28 乳がん検診へ
  (※)もう、胃に穴があきそうなくらい、生検などのなれない処置や、
     不安で、緊張は超ピークでした。

12月28日 検査を終えて
癌かも知れない

  細胞組織の検査中。
  局所麻酔が切れてきて、検査の傷跡が痛くなってきて。

  ガンかも知れない。

  普段は明るくて、ただのいい人の私。
  実は不安でたまらない。
  幸せでも 不安になってしまう。
  自信のない私。

  こんなところで、ぐちぐち言ってるしかない、
  こんなところに、思いを詰め込むしかない私。

  彼は分かち合ってくれるというけれど、
  ずっとそばにいてほしいから
  あなたの不安を大きくしたくない。
[PR]
by easy-easy | 2006-01-30 15:38
旧暦のお正月かっていうぐらい、
ほ~~~~~んとにご無沙汰しております。
ちょっと一区切りついて、またブログを再開しようと思っています。
ちょっとペースダウンして、ユルユルやっていこうかと・・・
でも、何かに打ち込むのはいいみたい。

また、easy的な独り言・・・
忘れたくない日々のノートにお付き合いいただければ、うれしいです。。。

今年もよろしくお願いします。☆

it's new!!
←クリック
これは以前、みなさんにご協力いただいた意見ブログ、
http://easylala.exblog.jp/3570537をヒントに、これ常設版みたいな感じのものをイメージされているそうです。ブログの機能をフルに活用した場になるのではと思います。
詳細は設営者のsaikyouさんのブログをご参照くださいませ。
ブロガー同盟を結成します!( 経緯→提案!「乳癌と社会を考えるブロガー同盟 )

色々なテーマで考えようって場です。参加することにしました。
今後色々な考えを書いていくと思いますが、
これは「意見」というスポット、ステージであって、
私という人物の全てというわけではありません。誤解のないように・・・

参加にあたって、、、私個人の背景は以下の通りです。
今年になって莫大な乳がん関連のブログがあるけれど、それをあるテーマごとに横断的に読んでみたいという、自分自身の興味があります。また、一般の人がブログを見るときも、その人の知りたいこと、キーワードで「乳がんリング」を追っかけている気がするんです。
ブログのTB、コメントの機能を利用することでディクショナリー的な切り口ができると思います。
「分かりやすさ」「見易さ」は1つの「主張」です。
まとまったトピックは、色々なところに意見記事としてアップさせることもできると思います。
乳がんの問題はその外科的な切り方という問題だけではありません。
単なる社会批判でなく、色々なものに感謝したいし、疑問もぶつけてみたいし、周囲との関わりも考えていきたい、患者と環境の問題を具体的に結んでいけたらいいですね。
乳がんという病気をかかえているのは、色々なジャンル(タイプ・環境)の人たちです。
1年経ったら自分の受けている治療は最新のものではなくなる、そんな状況の下、、、
今の自分の想いや考えを残すことが「今」とても大切だと思うのです。
[PR]
by easy-easy | 2006-01-23 19:44 | -このブログについて

忘れたくない日常を残そう、楽しくブログライフを過ごしていたら’05.1に乳ガンを宣告。温存できましたが3~5年前なら全摘のケース。1ヶ月入院、放射線後、ホルモン治療。下記カテゴリをクリック!!無断転載不可です


by easy-easy