<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ハロウィン☆

玄関の植木鉢のすみっこにいます~~~~~。ちびっこい瀬戸物のかぼちゃです。
b0028085_1758152.jpg

見るのはダーリンしかいないけれど、気づいてる?気づいてね?
この日がすぎると、あっという間に年末モード。クリスマスが来ます。
[PR]
by easy-easy | 2005-10-31 17:59 | ●花のある生活 new!
運動機能についてのお話です。。。
b0028085_17195036.gif


YWCA・encore











encore(アンコア)・・・その意味は、フランス語でアンコール。。。
全摘出の可能性もあったのに、ハッキリ言って乳首があるだけでもありがたい・・・
でも、もとの私の体を生活を取り戻したい
私のアンコール

東京YWCAの100周年事業。。。
こういった患者会に入っていない、
一般の患者も参加できるプログラムへの協賛は大賛成!!とてもありがたいです♪
スタッフの人のポロシャツに企業の名前が入っていた気がする!今度ちゃんとみてこよ!

アメリカYWCAのバレエ教師をしていた女性が、乳がんになり、その後考案したプログラムです。
オーストラリア・YWCA、20箇所でこのプログラムが行われているそうです。

オリエンテーション(あるいは講義)60分+ストレッチ30分+プール30分。
週1回、計8回のコースです。
14人に対してスタッフ3人が付きます。
講義ではリンパ浮腫や、力のいらないお料理、カラーコーディネイトについて等など。
乳がんの手術後、運動障害が残ったり、しびれや痛みななどの不快感を覚えることがあります。
ゆるやかな運動を安全に楽しく行うことによってこうした症状を軽減、解消しようというものです。しかも、ここのYWCAのフィットネスジムは「女性」しかいません。(YMCAの女性版だから)

リハビリの運動をいくら頑張っていても「安全」に筋力を取り戻すのはとても難しい・・・

私は、乳がんの温存手術といっても、私はセンチネルリンパ節生検を知らず、
「乳房部分切除術+腋窩リンパ節・部分郭清」を同時にうけました。
その時点で(2005年1月)標準治療だったようです。※1
とった組織は8.8×8.3×2.8cm。
このままでは乳房は大きく変形してしまうので、脇から背中にかけての脂肪をソコに縫いこんで埋めています。皮膚もそれだけ広い面積はいでいるため、知覚も鈍いです。
とっても良い出来だし、基本的な日常生活はできますが・・・

旅行に行けば手首を靭帯損傷し、上高地を歩けばリンパ浮腫。※2
(セルフマッサージの講習も受けたんですけどねェ※2)
おまけに階段から落ちて、、、膝下、太ももを大きく打撲。
とにかく怪我続き。

5月からずーーっと、キャンセル待ちしていました!!
先週なんと開催前日に電話が!!
運良く医師の承認書をそろえることができ、参加が決まったのです☆
初日を終え、プールにいるときは物足りないぐらいだったのですが、
どっと疲れが・・・翌日また腕が脹れ気味に・・・人と比べてはいけないというけれど。。。焦るなあ。その様子もまたゆっくり報告したいと思います。
***
※1センチネルは今年(2005年)のザンクトガレンで標準治療になったようです。
※2リンパ浮腫関する記事
  cancer-旅行・対策/baliへ!part2
  cancer-旅行・対策/baliへ!part3←水着もありまーす

今回のテーマにあたって→私のピンクリボン~その1・想い
                私のピンクリボン~その2・取材
あなたのピンクリボンも聞かせてください☆
[PR]
by easy-easy | 2005-10-28 17:05 | -私のピンクリボン
10月のある日、、、人と会ったあとに一服。。。下北沢・sunday brunch
相変わらずいい雰囲気のお店。懐かしいな。
緊張していたのか、ホットフラッシュか、ちょっと頬は火照っていました。くらくら~~~~~
b0028085_14482553.jpg

ここに来る前に、ある雑誌のフリーライターの方に会っていました。
このブログを読んでいただいたようで、
これをキッカケに、取材を申し込まれたのでした。
匿名といっても、ガン専門誌とは違うので、
どんな風に料理されるかわからない・・・そんな不安もありました。
そして、私は乳がんでも抗がん剤を選びませんでした。
言い方は悪いですが、世間で一般で期待される「乳がん」患者像とは少し違っているので
なのに、いいのかな?ていう気もしました。

この方は取材を通じて、
この病気の場合、治療を続けながらも、生活のことや人生のこと、家族や人間関係のことなど、向き合わなければならないことがたくさんあることを知ったそうです。
私の体験が、この病気を知る上で何か助けになれば。。。と思います。
そして、乳がん患者がそれぞれに色々なものを背負いながら、治療を選択しているってことが少しでも伝わればと思います。ピンクリボンが背負う意味を・・・

この話はまた追々・・・?!取材初体験のeasyでした☆

今回のテーマにあたって→私のピンクリボン~その1・想い
追記:あなたのピンクリボンも聞かせてください☆
[PR]
by easy-easy | 2005-10-25 14:49 | -私のピンクリボン
私たちの受けている治療は、過去の乳がん患者の方々の歴史の延長上にあり、
そして、それも過去の治療になって行きます。
未来の乳がん患者さんたちのために、今私たちの声を残していくことがすごく大切だと思います。
それは、私たちが自分の治療を後悔せず、
今後、新しい治療を横目に生きていくうえでも大切なプロセスだと思っています。


b0028085_1311099.jpgピンクリボンの願いは1つ 「乳がんで悲しむ人をなくす」ことです。
多くの女性に早期発見を呼びかけることももちろん。
ピンクリボンが、女性の不安と決断を乗り越えた全ての「勇気」の象徴であることを望みます。
そして、私たち患者が元気になることが大切なことです。

この運動の火を消さないように、色々なものに参加していくことも大切だと思います。ただ「ピンクリボン」と騒がれるだけでなく、その良いところ、疑問なところをクールに監視していくこと、キチンと整理していくことも大切だと思います。この運動の本質を見失わず、前に進めていくために。。。(以前の関連記事ピンクリボンピンクリボンの方向

私にとって、今年は初めてのピンクリボンの体験でした。
フェスティバルには参加できなかったものの、色々なことを考えたそんな月間でもありました。
そして、小さなチャレンジも。伝えて行きたいと思います。
まずは、パトさんにもらったピンクリボン。これを胸に歩いています☆
無料で配っていたんですって☆すばらしい!!

治療の現状を正しく社会に伝えることは患者たちにしかできません。
乳がんの医療については色々な問題はあります。
日本は根本的に「検診」の遅れている国であり、「がん治療」についても根本的にアメリカより10年遅れている国です。
その中でいかに「1人でも多くを救っていくか」。一般の女性だけでなく、私たち患者の課題でもあります。そのために「正しいデータの蓄積」が必要なはずです。いくら私が長生きしてもカウントしてもらわないことには死亡率は下がりません。現在、そういった数字の吸い上げは各研究の単位しかありません。

「何故ガンになるのか」その問いかけも「ガン患者」としての、私たちの役目かも知れません。「ガン医療」は、「予算不足」、様々な医療問題(技術者不足、病院や地域格差)、背後にある企業の問題色々な問題をはらんでいます。アスベスト問題しかり、日本は発がん性物質の規制にも遅れている国です。本当に発がん性物質、発がん性物質の類似物質を規制したら、身の回りのもの、食品がかなり減るといいます。ガンになる確率は増えています。。。単純な対処療法だけでは片付かない問題があるように思います。

私のピンクリボン~その2・取材 ←につづく・・・
追記:あなたのピンクリボンも聞かせてください☆
[PR]
by easy-easy | 2005-10-24 12:58 | -私のピンクリボン

その後・・・

先日、おおっと!の記事でお話していた、例の腫瘍事件のお話です・・・
b0028085_17202799.jpg人差し指の第一関節から丸い影があるの分かりますか?これが例のブツです。

その後、主治医のいる病院へ・・・丁度診察のタイミングだったんです。
他に内科や、整形外科も先月予約を入れていただいていて、、、背中が痛くて外科以外にも色々受診予定だったんです。

結局、満場一致で「石灰化」だそうで。
なんだそりゃ?しばらく色々調べてみてはいたのですが、石灰化は石灰化。
骨としての構造にはなっていないので、弱いようです。
腫瘍ではないようです。
マンモとかに写る石灰化も同じ石灰化と言われたけど。ブツブツ
あ~~~~~びっくりした☆

外科の主治医に言われた豆知識を!
乳がんの転移って、肘より先、膝より下の骨には転移しないらしいです!
やっぱり、次回は骨シンチ等の定期検査を受けることになりました。
少し早まりましたが、一応・・・ね!

<お知らせ>
乳がんの経験アリの方々、アンケート調査のお願いです。私も回答しました。
HANAさんハミングさんのブログでご存知の方もいらっしゃるかも知れません。

「乳がん体験者における情報・サポートコミュニケーションの影響」アンケートのお願い
この調査は、目白大学 人間社会学部 心理カウンセリング学科伊藤朋子(乳がん体験者です)、内赤さやかの共同研究のために行うものです。 病気と生きていく中で、必要な情報や適切なサポートがあれば、 そして医療者や家族とのコミュニケーションがもっと心地よいものであれば患者の不安や身体症状は軽減し、 余計なストレスを感じることなく過ごせるのではないでしょうか。
「がんだから落ち込んで当たり前」ではなく、余計なストレスを軽減するために、何が必要なのか、乳がん体験者や医療従事者・心理援助者・家族友人に向けて、ホームページなどでご協力頂いた調査内容を発信していく予定です。

ご協力いただける方は10月8日(土)~23日(日)に以下にアクセスをお願いします。
アンケートについての詳細、topページ、id,パスワード問合せ先はこちらです。(リンクしています)
http://www.geocities.jp/annrina0521/question.html
個人名、アドレスなどはお聞きしませんし、お答え頂いた内容について、プライバシーは完全に守られ、調査以外の目的に使用することは一切ありません。とのことです。

※エキサイトブロガーの方は、コメントでお知らせいただければ、
アクセスID,パスワードを非公開コメントにてお知らせしに行きます。
[PR]
by easy-easy | 2005-10-18 17:21 | -退院後の日々

今日はオフライン☆

10月13日(木)。
先日のハミィ'ズ*オフ会にタッチの差で参加できず~~~~~痛恨の極み。
その後パトさんと連絡はとれたものの・・・
なので、今日はパトさんとリベンジのお茶会となったのです。

Limapuluh南青山ラ・プラース店
中のダイニングのガラスの扉も全開。、昼間しか行ったことが無いのだけれど、本当に広くて、開放感のあるカフェ。↓こんな感じの~~~~~
b0028085_129259.jpg


パトさんとは不思議なご縁が・・・
このブログの挙式をあげたところの写真で共通の知人がいるってことに気がつかれたという・・・
その人を介して、お互い励ましあっていた?!

本当に、本当に、明るくて優しく、賢いパトさん。
元気になるお話を沢山うかがえました☆
(こんな一言ではすまなくって、うまく言えないんですけど・・・・・)

自分でもウスウス気がついてはいたのですが、
ブログをテーマを決めてからupするため、ついつい一筆入魂って感じに。
記事上に踊る太文字から、とてもつよ~い印象を受けていらしたようです(^^ゞ

よかった♪お会いできて☆

久しぶりの青山・表参道にて美女二人、
昼下がりから、若干周囲がワインを傾けはじめる夕方まで
オープンテラス・カフェで語らったのでありました。
ふふっ
娘さんのお迎え間に合ったかなあ~~~~~

でも待ち合わせから、迷うことなくお互いを見つけることができました。
お互いブログで通じ合ってたのかもーーーー!!!
ブログってすごい~~~~~
[PR]
by easy-easy | 2005-10-14 11:48 | -オフライン☆
ピンクリボンの方向
↑意見ブログなので、個別のコメント返信は控えさせていただいておりますが、
今後も引き続き、コメント、TB続けてくださいね。
コメント、TBよせてくださった方々、本当に本当にありがとうございます。
読みながら、また私自身悩んだり、考えたりしています。
患者の方も、患者でない方も、足をとめていただいて本当にうれしかったです。
凛子さん>はじめまして。
強く、しなやかに、前向きに生きていきましょう!!(なかなか難しいけれど・・・)
私たちの「患者力」が、今後のがん治療の一助になりますように。。。

該当URLにある「ポスター応募要項」の内容にも、あっていないように思いましたので、
該当URL下段フレームにある、Yahoo!特集 - お問い合わせフォーム にて、
カスタマーサポートに以下の内容で送信しました。
うちは~~~~~朝日新聞とってないので、
ささやかかも知れませんが、該当サイトのyahooの方に投稿してみた次第です。
(土日がバタバタしそうなので、今日送ってみましたが、アドレスを送ってますから、
今後も引き続き、コメント、TBできます。)
***
特集分類:ピンクリボン2005
内容分類:意見・要望
該当url:http://pinkribbon.yahoo.co.jp/taishou/index.html
お問い合わせの詳細(必須)

この特集も、この企画も毎年続いていってほしい・・・。
ただ、これら入選作についてを見て非常に疑問があります。
中には、キチント意味をふまえている作品もありますが、
これら作品を見て不快、疑問を感じた女性も多いです。
以下のブログ、コメント、トラックバックご参照ください。
色々な意見があります。
http://easylala.exblog.jp/3570537/
やはり、本当のピンクリボンの意味(募集の要旨)をふまえたPR
になっていないのではないか?もう一歩踏み込んだ分かりやすさ
が必要だと思いました。
このポスターたちがインパクトだけでなく、
意味あるものになるよう、
乳がんについて考えることを呼びかけてほしいと思います。

[PR]
by easy-easy | 2005-10-07 12:01 | -私のピンクリボン

ピンクリボンの方向

追記(2005.10.7)リンク&追記→Yahoo!特集 - お問い合わせフォーム にて投稿してみました。内容ご参照ください
意見ブログなので、個別のコメント返信は控えさせていただいておりますが、
今後も引き続き、コメント、TBしてくださいね。貴重な本当にご意見ありがとうございます。
トラックバックURL はhttp://easylala.exblog.jp/tb/3570537です。
この記事そのもののアドレスはhttp://easylala.exblog.jp/3570537/になります。

--------------------------------------------
ピンクリボン←このsunfacesunfaceさんの記事を読んで知りました。びっくり。
ブログだから、主語が自分でないことを書くのはあまり好きではないし、
批判もする気はありません。ただ、とても疑問を感じるのです。
以下の件について、皆さんはどう思いますか?
今更どうこう言ってもしかないのですが、ご意見あれば、TB,コメントお願いします。
(特集記事の意見にこのブログのアドレスを送ってみようかと・・・・)
***
問題は、この中で紹介されている、以下のサイトです。
ピンクリボン・デザイン大賞受賞作品

この作品を作った人達は、とても偶発的に選抜されて特にその人が悪いとは思いません。
責める気持ちもありません。。。
今後もこんな企画が続けばいいな・・・とも思います。

ただ、このページをみて、患者としては「不快」な「悲しい」感覚を覚えてしまいました。
中には、正確な文言を使用しているものもあります。

女性の皆さん、このポスターをみて検診に行きたいと思いますか?

また、検診の対象は、検診を受けたことがないひとだけではない。
・何の心配もないけど、検診にいってみようかな?
・シコリがある。。。検診に行こうか?
・経過観察を怠っている。
・すでに片方の乳房を手術した。反対側をみなければならない。
・一度検診に行ったが、医者とあわなかった。
・細胞針等の検診技術が未熟で分からなかった。
  
ピンクリボンの願いは 「乳がんで悲しむ人をなくす」ことです
「乳がん」は単なるおっぱい病ではなく、「ガン」であること。命に関わること。
検診を受けるのは、命を守るために勧めること。
これが伝わっているのかどうか。


広告は軽く、インパクトのあるものが好まれますが、本旨を見失ってはならないと思う。

入選作の№4女性専用車両のポスター
「女性の女性問題です。
1日に約26人の女性が乳ガンで亡くなっています。
乳ガンは早く見つければ、治療で回復できる病気。
まずは検診へ。あなたの行動が犠牲者を減らします。」
このコピーは中でも、正確に考えられているのではないでしょうか。

目指すのは、一般の人が考えているよりももっと早いもの、、、
超早期発見です。
遅れれば、初期ガンであっても大きく乳房にメスを入れなくてはなりません。
だから、声を大にするのです。

また、自己触診が何より大切です。人の診察に頼るだけではダメです。
20~30代の東洋人の女性の乳腺は張っていて、
マンモグラフィーに写りにくい現象があります。(デンブレストというそうです。)
私もまったく写りませんでした。

私は妊娠出産の経験がない立場なのですが、
以前に戻れない自分の体に寂しさを感じたりします。手術をした右胸では
もう、赤ちゃんにおっぱいをあげることも、もうできません。生むことすら保証はありません。
腕も前のようには使えません。
世代、とりまく環境、子供がいるかいないかによっても、それぞれ悩みは深いものです。

もしガンだったら・・・
こういった「不安」を目の前にした女性たちの背中を押す広告であってほしいのです。
乳がんは内臓を切るわけではなく、患者ががんばれる「ガン」なんです。
ただ、「ガン」は「ガン」でしかありません。


男性のみなさん
きれいな「おっぱい」じゃないとイヤですか?
「生きる」ために、胸にメスをいれた女性を愛し続けることができますか?
あなたのために、「生きる」を選んじゃダメですか?
「生きる」ために、検診を受けるのは第一歩です。

どうか、女性の不安を支えてください。


私が検診を受けたとき、こんなエピソードをもった女性にあったことがあります。
マンモグラフィーの設備はあるが、まったく関係のない○○科で二人がかりで触診をうけた。
診断はしてもらったが、シコリは大きくなるばかり。
ただ、あまりにセクハラ的だったので、二度とその病院に行く気はせず、
1年後、保険はきかなくても別の病院の検診を受けにきた。
ここで前の病院の触診が、明らかにセクハラだったと確信した風でした。

きちんとした外科・乳腺外科・放射線科でうければ大丈夫なはずです。
でも、乳房というのは、こんな風に騒がれる象徴的な部分なんです。

どうか、女性を守ってください。
そして、患者の皆さん、具体的に意見を述べていきましょう。
自分自身の誇りのために。QOLのために。愛する人のために。
日本のガン医療を変えるのはお医者様だけではありません。。。
[PR]
by easy-easy | 2005-10-04 13:04 | -私のピンクリボン

bali

今日は2つ目の記事です。入魂の意見ブログのあと(燃え尽き気味)には、
ちょっと悲しい出来事について、、、
バリ島で爆破テロがありました。現場の1つはまさに6月に新婚旅行で訪れた場所。。。
この記事の中のジンバランはまさに現場。。。baliへ!!  part10
バリ島の習慣では怒りをあらわにするのは悪いことだとされています。
なので、彼らと接するときは、穏やかにと注意書きがあるほど。。。
バリニーズは、インドネシアの中でも真面目で、素朴な人たちが多いといいます。
とても心が痛みます。でも、私はもう一度バリにいきたいと思う。
欧米人がGMの巨大ホテルの多いバリ・・・
インドネシア人がGMのあの4つ星ホテルに、また泊まりたいと思う。Alam kul kul
<旅行・対策>のカテゴリにバリ旅行記があります。。。
b0028085_16201581.jpg

[PR]
by easy-easy | 2005-10-04 10:08 | -旅行・浮腫対策

すっごくすてきな秋便り

コスモス
いつも素敵なmum36さんの写真。すっごく素敵な秋便りです・・・♪
上を向いてゆらゆらと~~~~~。風を感じませんか?
術後退院しても、放射線治療の病院を探したりしてたときも、毎日乳がん乳がんと思いつめてしまうときも、本当にmum36さんの写真に癒されます。ほーっとします♪
[PR]
by easy-easy | 2005-10-03 15:48 | -退院後の日々

忘れたくない日常を残そう、楽しくブログライフを過ごしていたら’05.1に乳ガンを宣告。温存できましたが3~5年前なら全摘のケース。1ヶ月入院、放射線後、ホルモン治療。下記カテゴリをクリック!!無断転載不可です


by easy-easy