カテゴリ:-退院後の日々( 50 )

sayonara

b0028085_17245528.jpg
先日の記事から引き続いて、、、
ハミングバードさんの告別式に参加しました。
ハミングバードの乳がん体験記

入り口には彼女の元気だった様子や、ゆかりのものが・・・(写真)
これブログで読み聞かせように作ったって言ってたやつだー

ハミちゃんにも会えました。
やっとやっと会えたね・・・約束果たしに来たよ。

本当は春にカワセミさんたちと一緒に会いたいって言ってたんだよね。
時期は早くなってしまったけれど、みんなで会いに来たよ。

「花のような笑顔」って、本当にあるんだね。
ハミちゃんは、花のような笑顔でした。
本当にキレイで花のように可憐な笑顔でした。

亡くなる数分前に、
「主治医やみなさんにありがとうと伝えてください」
という言葉を残して、逝ったそうです。

あなたは本当に最後の最後まで、本当にすばらしい人だった。

先日、パトさんと送ったクリスマスの絵本を送りました。
お礼のメールもくれて、辛いながらも良い方向なのだと信じていたのに、、、
ハミちゃんの笑顔を見るまで、私の中に沢山の後悔がありました。
ブログと現実の生活との両立の中で、
もっともっと彼女のためにできたことがあるんじゃないかって。。。
でも彼女に実際に会って、なんだか心が解けていくような気がしました。

ハミちゃん。
沢山沢山がんばったね。よくがんばったね。
今度は空から、私たちを見守っていてください。

ハミちゃんから沢山沢山の贈り物をもらったよ。勇気ももらったよ。
ハミちゃん、本当にありがとう。。。。

ハミちゃんから、もう1つ大きな贈り物をもらいました。
カワセミさん、ぶげままさん、すまっぺさん、rionさん、はやぶささん、Nさんとの出会いです。
こんなに明るくて良い人達が、みんな乳がんっていうのも本当に不思議。
治療、、、手術、、、、色々な心配があるけれど、みんな良くなるって信じてるよ!!
別れる時は、なんだか切なかった。ありがとう!

彼女から贈り物は、心の中で、これからもずっと続くような気がします。。。

***
ハミちゃんのブログ、当ブロクへ寄せられた、メッセージお届けしました。
ご協力ありがとうございました。。。
[PR]
by easy-easy | 2005-12-21 17:25 | -退院後の日々
追記:12/19 10:30 この記事へのコメント、トラックバック、ハミングさんとこのコメント、トラックバックを印刷して、明日持っていこうと思うの。ご家族あるいは、ハミちゃんに持ってってもらえたらと思って。風邪気味なので少々不安で、果たせなかったら、ごめん。。。でも、できるだけの事をしたくて。明日早いから19日の23:00締め切りで。早い時間から印刷作業は始めるつもりです。思いつきが遅くてゴメンナサイ・・・(TT)これから病院時間なくて、声を掛け合ってもらえればと思います。お願いします。

ハミング・バードさんがお亡くなりになりました。
彼女のブログが好きでした。そしてそのコミュニティーも。。。
いろんな思いも一人じゃないって思えたから、語ることができました。
あなたの乳がんに対する思い、忘れないよ。伝え続けるよ。

ハミングバードの乳がん体験記

ブログのチェックのタッチの差で、ハミングさんに会えませんでした。。。
後悔するばかりです。
今度絶対会おう!会いに行くから!そんな約束がありました。
最期になっちゃったけど、約束を果たしに行くよ。

32歳・・・若すぎるだろう?・・・
炎症性乳がんの発症(2004.8.の告知 29歳)から1年数ヶ月。

入院中の彼女へ送った手紙、、、
今まだ私の彼女へあてた想いは変わりません。
まだ、なんだか信じられない。
でも昨日夢で会えた気がするよ。本当なんだね・・・
***

   毎日の治療は、とても負担なはず。。。そして、
  どんな痛い思いをしているのか、、、考えると心がいたみ、
  涙がでてきます。お薬はお互い苦手だものね。
  改めてこの病気が甘いものではないのだということ知りました。

  あなたは、私にとって大切な人です。
    いつも一生懸命で丁寧なところ。
    自分の信念で物事を見つめて、相手を想って話をしてくれる
    大切な友達だから。おごらず、かたよることなく、接してくれる所。

  ハミちゃんのブログで、忘れられない一節があります。
    私は統計の言う通りにもがん細胞の言う通りにもならないよ~。
    私ときたら風車に向って突撃するドンキホーテかしらね。
    でもまあ同じ愚かなら最強の馬鹿を目指そうじゃないの。

治そう・・・絶対に治そう・・・・・私も心にそう刻み込みました。
  あなたと一緒に、あの記事の700人以上に強い沢山の仲間がいることを忘れないで。
  後ろから一緒に突撃する仲間がいることを。

   絶対、勝とう!この病気に。
   今はちょっと調子が悪いけれど、元気にオフ会やりましょう!!
[PR]
by easy-easy | 2005-12-18 23:24 | -退院後の日々

彼女が教えてくれたこと

クリスマスリースの記事を更新しています。リースバージョンアップしました。
みてやってくださいまし。ちょっと色々あって、、、次回こそ浮腫のこと書こうと思ってます☆
***
一昨日の深夜、小学校来の友人からメールがきた

Dさんが亡くなられました。
3年前に発病して、入退院を繰り返していたんだけど、とうとう
逝ってしまいました。とても残念です。

死因は多発性骨髄腫。血液のガンの一種だ。

社会人になってからは、顔をみることも話もすることもなかった。
告別式に行くと、彼女らしい薄いピンクのユリで彼女は囲まれていた。

結婚して2年ぐらいは楽しく過ごしていたらしい
その後発病したらしい

最後の、ご主人のスピーチは、
闘病の中でも一時の安らぎがあったことを伝えるものでもあったが、
彼女の最期まで頑張り続けた様子を伝えるものでもあった。

抗がん剤等の方法で、何度か持ち直し、
今年の1月にも近い友人と会っていたりもしたらしい。とても元気だったそうだ。
フランス人形のような顔立ちで、おしゃれが好きで、お化粧が好きで、そんな彼女だった。
彼女にとって、治療でその容貌が変化してしまうのがとても辛かったようだ。
脱毛や、顔のむくみ・・・しびれ・・・

最後の入院では緩和ケアの勧めもあったようだ。
でも、彼女は自ら治療することをのぞんだ。
自分自身の血液をつかった「造血幹細胞移植」

その後自宅に帰ることもあったようだ。
しかし、最期はケイレンがはじまり、40度もの熱が3日続き、彼女は逝ってしまった。
その間は、まるで親しい人たち皆に会うための時間のようだったという。

花にうずもれた彼女からは、
もっとやりたいことがあった、それがヒシヒシ伝わってくる。
彼女は小学生時代から本当にがんばり屋な子だった。最期まで変わらなかった。
本当に色々なことを教えてくれる、それも最期まで変わらなかった。

「本当によくがんばったね。ありがとう。安らかに・・・」

ガンは恐ろしい病気だ。決して甘くない病気だ。
35歳なんて早すぎるだろう?
私は死ぬのが怖くなった。
闘わなくては。
「病気に勝とう。ガンに勝とう。絶対に勝とう」
「最期まで生きよう」

帰ってからは、ブログ巡りで気分を一新。
でも、目が覚めて
今日は一日腰が抜けるほど力が入らなかった。
[PR]
by easy-easy | 2005-12-07 17:06 | -退院後の日々
骨シンチ・CTとも異常なlし。
ただ、血液検査の結果がね・・・・

γ-GTPの値と中性脂肪の値が悪くて、
このままだと脂肪肝になるおそれがあります。

生活習慣をみなおす必要もあるかも知れないけれど、
タモキシフェン(ノルバデックス)の副作用である可能性もあります。
ときどき高脂血しょうになる人もいるから。

とりあえず、一ヶ月様子をみて、来月もう一度検査して診て見ようよ。
変わらないようなら、薬をフェアストンに変えましょう。
でも、これとゾラデックスの併用のデータは無いんだけどね。
b0028085_15485648.jpg

                                  (すてきな作品見つけました)
ガガーン

私は乳がんで、現在ホルモン治療をしている。
ノルバデックス(抗エストロゲン)は2005.2.23~
ゾラデックス(LH-RHアゴニスト・卵巣機能を止める)は、放射線治療の終わった2005.5~

ベスト体重から9kgは太ってる。
内訳としてホルモン治療をはじめてから6kg太った。
体重をkeepすることで精一杯だった。

7月の検査から、食事は気にしていたつもり。。。でも体重が落ちなくて。
運動も階段から落ちたりしていたから、思うようにはいかなかった。
起き上がれなくなるくらい体が疲れてしまうことがあるから、
極端な食事制限もできず、、、

一日1600kalぐらいが目標だった。

母曰く。
「えーーー多いよ~~~~~。60歳でそんなに食べちゃダメだもん」
ナヌ?!

母は時々良いことを言ってくれる。
「更年期になる薬もらってるんでしょ?
月経で出血していたのが止まった分、カロリーは抑えなきゃ」


ほっほ~~~~~ナルホドネ
副作用っていうけど、根本的にはそういうメカニズムかも?
確かに、生理が止まる前は
毎月期間はみじかいが、大量出血だった。
トイレでしゃがむと、おしっこみたいに出るぐらい。
あの頃は、一日5食食べてたし、働いてもいた。

ついでに、、ホットフラッシュ以外にこんな体の変化があった。
ホルモン治療をするようになって、半年ぐらいたって、
物忘れがおおい。シラガも増えた。
肌も突然ひび割れるようになった。

「更年期になる薬なんでしょ?
年寄りになる薬なんだから、あったりまえよーーー」


そ、そういうもん?!
物忘れは気にしないことにした。
白髪は、カラーリングであまり気にしないことにした。
水分を多く補給してもひび割れる肌は、
多分、皮脂欠乏症。オイルパックをして、皮脂腺をゆるめて対応している。

母は加齢による心臓の疾患以外、どこも悪くない。
昨日、母は69歳になった。

30代でホルモン治療をすると、より副作用が顕著で重くなるという話を聞いたことがある。
ただ、40代、健康な多くの女性がこのような更年期症状で悩んでいたりするのかもしれない。
薬って怖い。でも、探り探り前に進んでいくしかないのである。
[PR]
by easy-easy | 2005-11-28 15:49 | -退院後の日々

文化祭

b0028085_1844673.jpgグループで作成していて、母が参加しています。。。
姿も良くって、いいじゃない♪
「おめでとうございます。」

久しぶりにお教室の皆さんにもあって、なんだかはしゃいでしまった私です。

去年の7月に体調が悪く会社を辞めて、これからこういう趣味にも打ち込めるかなって思っていました。なのに「乳がん」に・・・こんなことなら、無茶苦茶に色々なことをしておけば良かった。
まだ、お教室に復帰する気にはなれません。

お教室には6年前に「乳がん」を患った方もいらっしゃいます。
「大丈夫よ」
「はははー」

ごめんなさい。まだ、とっちゃったから大丈夫なんて胸をはって言えません。
全摘しなかったから?抗がん剤しなかったから?
そして、花を1人でいけきる自信もありません。
やっぱり、0~1期リンパ浮腫なんです。

数年前、社中展の際、母と数人とでコラボしました。良かったやっといて。
親子競演は最後だったね。

そんな話をすると、さすがの母も目の奥が潤みます。ごめん。

今週は・・・主人とアレグリア2へ行ってしまいました☆
詩的な演出。生の演奏。ありえない人間のワザ。良かったー☆
ずっと行ってみたかったの。
こんなすぐに願いが叶うなんて!言ってみるもんだ?!

以前はこんなに渋谷を歩き回れなかっな・・・

先週から今週はかなりハードで、
色々なところに行くと、後に響きます。疲れるみたいで、背中が痛くて。首も、左顔面も。痛い。
疲れると腕が腫れ気味になります。ひ~~~~~

でも、会社を辞めたときよりも、全然元気になってるよね(笑)
大丈夫。笑顔でいるよ。私。幸せだもの
[PR]
by easy-easy | 2005-11-18 18:34 | -退院後の日々

無題

悲しいニュース
昨日これを見て「にょろにょろさん」がお亡くなりになったのを知りました。

今回、ただ眺めているだけの私が記事にすること、とても迷いました。

言葉がありません。

最新でお葬式の様子も詳しく報告されています。

最凶さんのhpの最凶軍団列伝のコーナーや掲示板には「にょろにょろさん」が生きています。
改めて振り返ってみて、今なお、色々なことを伝えてくれます。
(上記、記事のリンクから掲示板、hpのTopへ行けます。)
強くて美しくて、ただその背景にある痛みや辛さ、想像するに耐えません。


心からご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by easy-easy | 2005-11-11 22:02 | -退院後の日々

TDL☆

b0028085_1713814.jpg昨日、主人の振替休日がとれました!!
だめかな~~~~~と思っていたのですが。
突然の「どこか行こうか?ディズニーランドでも行く?」
うれしい☆全然行く!行く!そんなお誘いデートみたいだぁ♪

長時間、腕を下げている状態は目に見えてる。だから準備は万全。
マッサージ後、弾性ストッキングを装着。
私なりのリンパ腫防止のテクです。baliへ!part2


b0028085_17211884.jpg
平日なのにTDLには、びっくりするほどの人!!!各アトラクションの前には、人の列だけじゃありません。どこでも20台ぐらいの赤ちゃんのバギーが整列。うわわ~~~~~。昔来たときはこんな列見なかったよ。気にしてなかっただけかしら。
どこもかしこもクリスマス!!なんて早いクリスマス。
b0028085_17213251.jpg
体の調子が悪くて会社を辞めて1年ちょっと。その後、乳がんの手術をすることになるなんて、、、こんなに思うように行かないなんて。
つい、使えないお手伝いさんみたいな気持ちになったり。
こんなんじゃ、治療が終わって立派なお母さんになることもできないよね。

1人で病気と闘えない。いつも色々教えてもらってばかりだね。
誘ってくれたとき、とっても嬉しかった。


ディズニーランドには、誰にでも平等な、よろこびと勇気、光が満ち溢れていました。
[PR]
by easy-easy | 2005-11-10 17:13 | -退院後の日々

その後・・・

先日、おおっと!の記事でお話していた、例の腫瘍事件のお話です・・・
b0028085_17202799.jpg人差し指の第一関節から丸い影があるの分かりますか?これが例のブツです。

その後、主治医のいる病院へ・・・丁度診察のタイミングだったんです。
他に内科や、整形外科も先月予約を入れていただいていて、、、背中が痛くて外科以外にも色々受診予定だったんです。

結局、満場一致で「石灰化」だそうで。
なんだそりゃ?しばらく色々調べてみてはいたのですが、石灰化は石灰化。
骨としての構造にはなっていないので、弱いようです。
腫瘍ではないようです。
マンモとかに写る石灰化も同じ石灰化と言われたけど。ブツブツ
あ~~~~~びっくりした☆

外科の主治医に言われた豆知識を!
乳がんの転移って、肘より先、膝より下の骨には転移しないらしいです!
やっぱり、次回は骨シンチ等の定期検査を受けることになりました。
少し早まりましたが、一応・・・ね!

<お知らせ>
乳がんの経験アリの方々、アンケート調査のお願いです。私も回答しました。
HANAさんハミングさんのブログでご存知の方もいらっしゃるかも知れません。

「乳がん体験者における情報・サポートコミュニケーションの影響」アンケートのお願い
この調査は、目白大学 人間社会学部 心理カウンセリング学科伊藤朋子(乳がん体験者です)、内赤さやかの共同研究のために行うものです。 病気と生きていく中で、必要な情報や適切なサポートがあれば、 そして医療者や家族とのコミュニケーションがもっと心地よいものであれば患者の不安や身体症状は軽減し、 余計なストレスを感じることなく過ごせるのではないでしょうか。
「がんだから落ち込んで当たり前」ではなく、余計なストレスを軽減するために、何が必要なのか、乳がん体験者や医療従事者・心理援助者・家族友人に向けて、ホームページなどでご協力頂いた調査内容を発信していく予定です。

ご協力いただける方は10月8日(土)~23日(日)に以下にアクセスをお願いします。
アンケートについての詳細、topページ、id,パスワード問合せ先はこちらです。(リンクしています)
http://www.geocities.jp/annrina0521/question.html
個人名、アドレスなどはお聞きしませんし、お答え頂いた内容について、プライバシーは完全に守られ、調査以外の目的に使用することは一切ありません。とのことです。

※エキサイトブロガーの方は、コメントでお知らせいただければ、
アクセスID,パスワードを非公開コメントにてお知らせしに行きます。
[PR]
by easy-easy | 2005-10-18 17:21 | -退院後の日々

すっごくすてきな秋便り

コスモス
いつも素敵なmum36さんの写真。すっごく素敵な秋便りです・・・♪
上を向いてゆらゆらと~~~~~。風を感じませんか?
術後退院しても、放射線治療の病院を探したりしてたときも、毎日乳がん乳がんと思いつめてしまうときも、本当にmum36さんの写真に癒されます。ほーっとします♪
[PR]
by easy-easy | 2005-10-03 15:48 | -退院後の日々

おおっと!!

土曜日の夜階段から落ちました
すぐに、病院で診てもらったのですが、大まかな触診のみ。
乳がん治療って、骨が弱くなるともいうじゃない☆
昨日は熱っぽかったし、痛いし、念のため、今日、いつもの近所の整形外科の病院に行きました。

レントゲンをとりました。左肩・左手・左ひざ下。右ひざ下。
先生:「骨は折れてないねー!ただ、怪我とは関係ないことなんだけどさ。
    左手の人差し指の先に、腫瘍があるよ。
    形からすると悪いものではないと思うから、問題なし」
第一関節のところからキレイに丸いものがある。(おおっと!!)
私 :「今度、乳がんを手術してくれた病院の診察があるので、
   その、レントゲン借りていいですか?」
小さな町医者では、これ以上の設備がないのだ。
乳がんの話はしていたから、先生も、そう切り出すつもりだったのだろうか?
b0028085_13394354.jpg

運良く来週には月1回のゾラデックスを注射しに行く日。
しかも、先月は背中も痛かったので、内科、整形外科の予約までバッチリ入ってる。
7月。初めての定期健診は血液検査と、乳房エコー。これは問題なかった。
11・12月に予定されてる定期健診は「骨シンチ」「肝臓」「肺」。
これって早くやってくれないかな。
*
どちらにせよ、またまた、彼に心配をかけてしまう。涙がポロリ。
土曜日に階段から落ちるとき、私の名前を呼ぶ彼の声が聞こえた。
それを思い出す。たいした結果にならないだろうし、黙っていようか・・・
大好きなコーヒー屋「豆の木」でアイスコーヒーとホットサンドをパクリ。
*
腫瘍ってなんだ?1人1個みたいな気持ちで受け止めていいのかしらん。
去年の乳がんの検診のときだって
「形からすると悪いものではないと思う」って言われたなあ。
ってことは、イマイチ根拠のない発言じゃあ、あ~りませんか。
といっても、指を切るわけにもいかないだろうし。
*
いい年こいて、グシグシ言いながら歩く。痛い足を引きずりながら。
手には「X Ray Film」の封筒。。。赤い文字で返却不要。
*
結果も処置もきっと大したことにはならないのだろう・・・
でも、診察までは彼にまた心配をかけてしまう。涙がポロリ、ポロリ、ポロリ。
失敗も恥ずかしいことも沢山ある。ただ悔いの無いように生きていたか、もう一度振り返る。
[PR]
by easy-easy | 2005-09-26 12:53 | -退院後の日々

忘れたくない日常を残そう、楽しくブログライフを過ごしていたら’05.1に乳ガンを宣告。温存できましたが3~5年前なら全摘のケース。1ヶ月入院、放射線後、ホルモン治療。下記カテゴリをクリック!!無断転載不可です


by easy-easy