カテゴリ:-回想( 3 )

友人

b0028085_1402294.jpgうまい言葉は見つかりません。人付き合いが下手だったり、仕事に集中しがちな私にとって彼女たちは自分にとって足りない部分そのもので、学ぶべきところを沢山もつ
とても賢くて美しい人たちです。

自分が幸せになる事が許されるのか、
本当にいいのかと無意識に悩むこともあったのですが、
母に「勇気をもって一歩進むことも大切」と言われ自分に言い聞かせていたと思います。

普段しょっちゅう会えるわけではないけれど
勇気を支えてくれたのは友人だと思います。
最初に祝福してくれました。そのときの花束です。
[PR]
by easy-easy | 2004-10-21 14:00 | -回想

お母さん

私と母の関係…  を見つけて・・・
今日は台風でどうも気分もまったり・・・

共感できるところがあり、ちょっと涙がでそうになりました。
私の母も不器用なんだか、世間体を基準にしてしか娘を大事にできないのか。
親って、心配したい生き物らしいですよ。
そう思ったらちょっと気持ちが楽になって、器用になれました。
もうちょっと、ましな物言いがあるだろう、色々言い返したいことはありますが。

母親って自分にとって
どうあがいても絶対さからえない精神的な脅威であるけれども、
最後の味方であると思います。

それが、合理的な解決策でなくても、
「辞める=娘が悪くないのに負ける」みたいな感じが許せなかったのかも。
経済的に苦労を絶対させたくなかったんだと思います。
それが、娘の意思でなくても。娘がどう思おうともおかまいなしです。
もっと、普通の、よりそうような優しさや会話がほしいけれど、
うちの母にもそれは通じません。

私も、一人暮らしを始めて、不思議と母との関係よくなりました。
自分らしく生きることができるようになりました。
親離れ、子離れってすごく重要だと思う。
いろんな意味での再スタートになりました。
ある意味、あきらめられたみたいです。
でも、それで、やっと人並みの「心配性」レベルになったって感じです。

もっと幸せに。悔いの無いように・・・応援しています。
[PR]
by easy-easy | 2004-10-20 17:02 | -回想

最愛の人

彼は特別な存在で、一緒にいてとても自然でいられます。
辛い時期もあったのですが、
そのような過去にこだわらず、これから生きていくことへの希望や意味が見つけました。
私が私として生きるために、彼はその力と知恵を与えてくれます。
本当に、強く、誰よりも優しくて美しい心の持ち主です。

運命ってあると思います。
仕事を通じで初めて会ったときは、あまり彼の名前も存在も良くわからなかったのですが、遠くのデスクで立って整理をしている彼を見たときドキッとしました。
いわゆる「この人だ!」っていう感覚はそういうものなのかな?
でもその時すぐにお付き合いという風にはならず、、、
なんでも話せる仕事仲間でした。

彼はもっと前に私をいいな~と思った事があったみたいです。
同じエレベーターに乗った事があり、私の友人が私を紹介してくれたようです。
その時は、私はあまり相手の顔をみていなかったような気がします。

同じプロジェクトで仕事をするようになってからは、
飲み仲間でした。
きつい仕事だったので、毎日午前様で、夕食は常に飲み屋でした。
仕事についても、悩み事についても熱く語り合ったと思います。
そして、仲間と飲んで楽しかった!
気の狂いそうな仕事だけど乗り越えられました。
自分の自信にもなりました。

仕事の上でも、いろいろなことを学びました。また、
逆に彼の満足のいくサポートができるのは私だと思います。
その後も、彼の部下として働くチャンスがありました。
ただ、あまりにハードな仕事で私は心身壊してしまいました。
彼は、そんな私のすべてを知っています。

私は、捨てるものは何も無い状態だったので、
死んでもいいと思いながら彼と仕事をしていました。
将来のある人が、こんなところで倒れる必要はないと思って。

相性的には九星気学だと決定打(悪い要素)が2つあり
良いか、悪いかどちらか極端な相性。
動物占い的には、彼はライオン、私は虎(働き者で忠実)で良い相性。
四柱推命では、三合開局(?)で最高の相性のようです!
やっぱり運命ってあると思います。

でも、彼のすごいところは
「運命に勝つ」と言い切れるところ。
私たちにふりかかる悪いことからも、彼が守って、勝つと言い切れる信念を持っているところ。
はっとさせられました。
そして、安心しました。
いつも私は不安だらけなのですが、なんてもったいない生活をしていたんだろうと感じました。
彼と一緒に生きていきたいと思いました。
私も彼を守りたいと思います。
[PR]
by easy-easy | 2004-10-18 14:56 | -回想

忘れたくない日常を残そう、楽しくブログライフを過ごしていたら’05.1に乳ガンを宣告。温存できましたが3~5年前なら全摘のケース。1ヶ月入院、放射線後、ホルモン治療。下記カテゴリをクリック!!無断転載不可です


by easy-easy