乳がん手術の後遺症・リンパ浮腫について その3(私の場合)

乳がんを手術しても、現在の医療の現場では、
リンパ浮腫が後遺症と説明されても、それが諦めるべき症状なのか、
何か対応できるのが判断に苦しむところです。
私たち患者はもとの体に戻ることはできません。
でも、メカニズムをしって、真剣に取り組めば容姿を維持し、危険に対応することができるのです。
それは、家族にとっての希望でもあります。

私の事例についてです。<結果>と<経過><思うこと>について。
改善方法については下記をごらんください。
これまで→乳がん手術の後遺症・リンパ浮腫について その1
       乳がん手術の後遺症・リンパ浮腫について その2(治療)
まずは、以下の結果を見てください!!!
12月5日時点ではほぼほぼ、左右同じ状態に!!
6月から比べれば、1cm~2cm減です!!

b0028085_1611111.jpg
<結果>
・手術をした側の腕
右: 6/14 (a)17.0(c)14.5(e)24.0(g)30.0
  :11/22 (a)17.8(c)14.3(e)22.9(g)28.6
  :12/ 5 (a)17.5(c)14.0(e)22.5(g)27.8

・手術をしていない方の腕(基準になります)
左:6/14 (a)17.5(c)14.3(e)22.5(g)28.0



<経過>
●1月末に右乳がんの手術。
  「右乳房温存+リンパ節の部分郭清」(レベル1-10コ郭清)
  乳房を手術と同時に皮膚を脇の方まで剥がして行います。
  乳輪の上から横に14センチ切り、リンパ節を採るために脇、鎖骨下まで皮膚を剥がします。
  その際、脂肪を乳房に寄せることもできるので、成形は良くできていますが、
  背中、ワキの脂肪をかなりとり、いじったりしています。

 1週間後にはうっすら肘から手首までに水がたまっているような自覚があり。
 ただ、他人から見れば「右は太いもの」など、あまり差は感じ無い程度。
 術後ということもあったので、リハビリの指導、強めのもみほぐしを受けていた。

●2月21日に退院。ノルバデックス開始。
 症状は変わらず。
 買い物をするときなど、右手で物を買い物籠へ入れたり、
 買い物袋へつめたりする作業、皿洗いなど、
 中途半端な腕の高さで、
 軽作業を続けると腕がヒドイ肩こりのように痛くなり作業が続けられない。
 (現在も変わらず)

●3月~4月は放射線治療の病院を探したり、治療を受けたりしていたので
 あまり気にせず。放射線で右ワキから胸にかけて皮膚がむけるなどの症状。
●5月。放射線治療終了。ゾラデックス開始。

●6月。バリ島旅行に向けて。
 気がつくと、右の肘から手首にかけて引っ張るとセルライトが出る状態。
 明らかな左右差であるため、リンパ浮腫と確信。
 飛行機などの気圧の変化によっても、浮腫が悪化すると聞いていたので、
 セルフマッサージの講習を受ける。スリーブを購入し持っていった。
 その際、治療院の先生にリンパ浮腫0期と言われる。
 その様子について→バリへ!part2

●8月。上高地へ
 スリーブを持たずに、数時間手を振りながら歩行。
 浮腫になる。死んだ人間の手みたいな感じ。即時、休息&マッサージ。
 あきらかに1期の状態。。。
上高地でのピンチ

夏は暑かったので、スリーブ装着も3日が限度。
マッサージもいい加減だった。


●11月。
 全身運動として、YWCA・アンコアの乳がん向けスタジオ&プールメニュー開始。
 初回は、帰りに浮腫気味に。水着が水を含み重くなるため、疲れが増したため。

真面目にマッサージ開始。
 疲れたときには必ずスリーブ装着。
 長時間歩き回るときは必ずスリーブ装着。

浮腫がやわらかくなってきた。

●11月13日リンパ浮腫学術大会参加。
 主人の理解も得てより真面目に取り組もうと決意。

 毎日、マッサージ&スリーブ装着。そして運動。

11月19日格段に細くなる。
●11月22日KEA工房にて、スリーブを買い直し。再採寸!!!細くなってる!!
●12月5日自分で採寸。ほぼ左右差の無い状態。

●12月7日スリーブ無しで過ごしたら、また戻り気味に・・・

徐々に戻すべきでした。スリーブがとれてもマッサージは毎日続けるべき。

●その後(追記)  
プール・プール・プール

<思うこと>
リンパ浮腫は医学生の教科書にも数行しかない分野だといいます。
普通の外科では、リンパ浮腫の0期~1期というのは日常のムクミとも考えられ診断しにくいようです。2期3期ぐらいの明らかな左右差、日常生活で痛みが出るなどの支障をきたす段階にならないとリンパ浮腫とは診断しないようです。
大切なのは、自分自身の左右差の感覚を基準にすることだと思います。

継続することがとても大切です。そして根気。
その2(治療)あげた①~④。
特に圧迫&運動は、効果が高いものです。
また、水中での運動を始めたこともプラスでした。これはオーストラリアのメニューです。
リンパ浮腫の患者会の方のお話だと、下肢のリンパ浮腫の0~1期についても、
水中での運動療法が効果的だというアメリカの報告があるようです。
腕にもいいはず!

10年後、突然リンパ浮腫になる人もいるといいます。
色々な要因が重なって、リンパが交通渋滞を起こしたとしたら、、、
ありえますよね。
マッサージぐらいは自覚の無い人でも心がけるべきだというお医者様の意見もあります。

浮腫専門の治療院やリンパ浮腫外来にかかったとしても、それは、その時だけ。
日常のマッサージや、スリーブあるいはバンテージは自分自身で頑張るしかありません。
家族の理解と協力がとても大切なんです。
私自身、リンパ浮腫に係るセミナーに主人と参加して良かったと思います。

「家族に申し訳ない」という気持ちは付きまといます。
ですが、「乳がん」と一緒に生きていくということは、
後遺症についても、1人で抱え込むものではないと、私は思います。

また、一般の人たちへの理解を得るということは、
自分自身の尊厳を守ることでもある。私はそう思います。

手間はかかっても新しい体を自分自身の個性として、生きていきたい、そう思います。

***
1月末まで、ちょっと更新や、コメント、ブログ訪問が滞ることがあるかも知れません。
ごめんなさい!!

***
追加<関連記事>
リンパ浮腫と旅行の準備についての記事: 
  baliへ!part2
  baliへ!part3
リンパ浮腫について:
  乳がん手術の後遺症・リンパ浮腫について その1
  乳がん手術の後遺症・リンパ浮腫について その2(治療)
  乳がん手術の後遺症・リンパ浮腫について その3(私の場合)←当該記事

-----
[PR]
by easy-easy | 2005-12-12 14:44 | -リンパ浮腫について

忘れたくない日常を残そう、楽しくブログライフを過ごしていたら’05.1に乳ガンを宣告。温存できましたが3~5年前なら全摘のケース。1ヶ月入院、放射線後、ホルモン治療。下記カテゴリをクリック!!無断転載不可です


by easy-easy