その後・・・温存について①

b0028085_1312759.jpg
モデムの調子が悪くてしばらくご無沙汰でした~~~~~
その間に、ちょっと旅行にも。この模様はまた後日・・・(^^♪
今日は、ちょっと独り言を書きたいと思います。

バリから帰ってきて一ヶ月間。
色々考えることがありました。
そして、ガッツポーズをとりたいようなことも。
温存のその後について、やっと書くことができます。


久しぶりに復帰したお花のお稽古での出来事・・・
「軽いガンでよかったわね」の一言・・・に堪えてしまった

単純に温存できた事実から、乳がんとして「軽い」と判断できることはない。


ガンに早い、遅いはあっても、軽い、重いはないんじゃないか・・・

ガンのグレードなんて言葉は知るよしもなく、
生きられるか、間に合わないか、それしか一般の人は考えない。


そして、「・・・でも(結局)、温存できたんでしょう?」の軽い一言にも堪える

もう、テニスもお花も満足にできない。
だから新たに資格をとろうと学校に通い始めた。
告知から6ヶ月目が過ぎた日のことだった。


お稽古では、あとにみんなでお茶をして一息をいれる。
そこで、私の病気の話になった。
これらは、そこでの発言だ。
「温存」は軽く言われる。乳がんの恐ろしさは、病気だけでなく、
辛い選択を迫られることにもあるということは、伝わらなかったようだ。



(つづき)
-私の場合、全摘出か、温存かというところで、温存を選んでしまった。
               温存を勧められても、不安だから全摘出を選ぶ人たちだって多い。
-手術は部分郭清。。。
これもクセモノデアル・・・cancer-手術(温存)
今まであまり書かなかったのだが、術後は結構つらい。

手術の当日~翌日は、
痛みと、低血圧で動くたびに目の前が真っ白になって、黒いものを吐いていた。
レントゲン取りに行くのも、1時間半かかって歩いた。
看護師もこの痛みは理解できていなくて、腕を組んで眺めているだけ。
結局「胸帯」の巻き方が間違っていた。
伸縮の無い部分で患部を押さえなくてはならない。しかし、
伸縮する所で抑えていたため、変形を防ぐために脇から寄せた組織が動くのだ。
傷だって、縫っていない。テープで貼っているだけ。
普通のサラシの方がまだマシだったかもしれない。

乳首が残るかどうかも術中の病理次第だった。
残せても皮一枚なので乳首が「壊死」する可能性は大きかった。
「壊死したら、すぐに切除するから。病室でもやるから」と言われた。
とった組織は  8.8×8.3×2.8cm
ガンの大きさは 3×1.5×1.2cm

全摘出の人よりも、リハビリメニューは2週間遅れていった、、、
自分のベットでも日に3時間は頑張っていた。でも。。。思うようには戻らなかった。
「どうして私だけ??」
助手の先生が、
「温存の割りに量をとっているんですよ。中身は飛び出ないように縫いこんでありますから」
リハビリの先生は「傷が裂けても動いてください」
主治医の先生も、
「他人と比べないで!手術の仕方は皆バラバラなんだから。とにかく焦らないで!!」
入院中、支えは先生方と彼だった。

今でも、腕や肩のリハビリをしなかったり、逆に使いすぎると、
手首までスジがつってしまう。
食事中も腕が上げられなくなる。そして、腕にも多少ムクミが。
これがひどくなると「リンパ浮腫」になる。

センチネルリンパ節生検なんて言葉は知らなかった。
3日で退院できるなんて、すごい。私には想像できない。
ただ、脇の5%のガンの取り残しに悩むなら、この部分郭清でよかったと思うのだ。
似たような発想で、全摘出を選ぶ女性も多いのも事実だ。

温存の私でも以下のことは悩む。
-全身治療だって、これでいいの?と悩む日々が続いた。
               若年層ということで、抗がん剤を使う選択もあったが、
               ホルモン治療+放射線治療のみにしてしまった。
-ホルモン治療は、ノルバデックスとゾラデックスの2種類を2年間
               先生は、「この併用のきちんとしたデータは無い。」とおっしゃった。
               理論上、効果があるはずなのだが。。。
               生理も戻らない可能性がある。。(新婚なのに。。。)

              ホルモンレセプターの+-以外に、何%か聞こうと思ったのは、
              6月バリ島に行く直前。その話合いで、気持ちが少し楽になった。

温存だからって、軽く言わないでほしい。
温存にも色々あるんだから。。。ただ、早ければ、早いほど術後は楽になる。


全身治療の選択については、
悩んでも、ガンに100%の治療方法は無い。
何%の生存率か、データでチョイスする医療が現実だ。

どんな治療法であれ、薬の開発、組み合わせは模索中だ。

そして、分類できないガンのグレードの人もいる。
術後の治療方法の選択が無い人もいるのだ。
放射線治療も、抗がん剤も、ホルモン治療も効果よりもリスクがあるかも知れないから、
経過観察しかないのだ。

それに比べれば、はるかに簡単なガンである。

7ヶ月ぶりの、お花の習い事、右手が耐えられない
花材は堅い枝物(えだもの)はやめてもらい、その分草物(くさもの)が大量に与えられた。
しかし、情けないかな軽作業を大量に続けるということもできないのだ。
中途半端な腕の高さを維持するのも、今の私には無理だった。
気がついたときには、腕がガチガチに。。。油汗もとまらない。
でも、これを完成させたかった。

師範というには、お粗末な仕上がり。。。
「若いのにビックリするような感性で生け上げる」という看板はどこへやら・・・
[PR]
by easy-easy | 2005-08-08 13:02 | -退院後の日々

忘れたくない日常を残そう、楽しくブログライフを過ごしていたら’05.1に乳ガンを宣告。温存できましたが3~5年前なら全摘のケース。1ヶ月入院、放射線後、ホルモン治療。下記カテゴリをクリック!!無断転載不可です


by easy-easy