読んでるかな・・・?

この記事で触れていた乳がんの方の病理結果がでました。
心配です
センチネルリンパ節生検 -体験談-
ER(-)、Pgr(+)、核異型度3 HER2 +1 (※)でした。
抗がん剤、放射線、ホルモンの順にフルセット治療になるそうです。
若い方で、温存はできたようです。リンパ節への転移はありませんでした。

これを見ていてくれたら、、、うまく言えませんが遠くから応援しています。
どうか、元気になってください。
これから先の治療への不安を考えれば、もうなんといったらいいか。
あなた以上に、不安で辛い思いをしている人はいないと思うから。
でも、私にはあなたが何かに守られているように思えてなりません。
リンパ節へ転移する前に、このガンが発見できたこと、
これは本当にすごいと思います。
このタイミングを逃したら、大変なことになっていたかも知れない。
手術の結果、全摘出を免れることが出来たことも含めて
何かに守られている気がします。
HER2への抗がん剤が有効ってことですよね?( 追記:+1だと、ハーセプチンは使わないそうです)
だから、絶対に元気になりましょう!!

あまり、他人の話を聞いても受け入れられないだろうけど、
やはり、グレードが高く、リンパへ転移のあった方もいます。
グレードが高く、日本に43例しかないガン細胞といわれ、
治療法が無い方もいらっしゃいます。

手術も、退院も早かったから、短期間に色々な局面や選択が続いて
とても大変だったね?
でも、これで治療法が決まりました!あとは、がんばるだけです!!
でも、泣きたいときは、涙がかれるまで沢山泣きましょう。
あとは、きっと笑えるようになるから・・・がんばり屋のあなたなら大丈夫
信じています。
私もがんばります・・・

(※)
 ER    :エストロゲンレセプター(女性ホルモン)
 Pgr    :プロゲステロンレセプター(女性ホルモン)
 核異型度:グレードとも言われるようで、1~3に分けられます。
        数字が大きいと悪性度が高い
 HER2 :ガン細胞の表面で増殖をするのに必要な物質を取り込む受容体。
       増殖スピードが早く、転移しやすいガンの治療に有効な受容体。

私の場合:ER(+)、Pgr(+)、核異型度2 HER2 0
       リンパ転移なし、ガンの大きさ2cm以上  (標準リスク(リスク:最小or標準)) 
       抗がん剤も勧められましたが、ER(+),Pgr(+)なので、
       ホルモン治療の有効性にかけました。(薬は2種類)あとは放射線治療です。
[PR]
by easy-easy | 2005-05-25 20:51 | -退院後の日々

忘れたくない日常を残そう、楽しくブログライフを過ごしていたら’05.1に乳ガンを宣告。温存できましたが3~5年前なら全摘のケース。1ヶ月入院、放射線後、ホルモン治療。下記カテゴリをクリック!!無断転載不可です


by easy-easy