実は乳がん・・・  友人への手紙

b0028085_17342340.jpg
先日は、急な話のうえ、雪が降るという噂の中、私たちのためにお祝いしてくださってありがとうございました。肝心の挙式を、さんざん待たせたあげく、結局一週間で決めてしまうなんてびっくりだったでしょう?
みなさんのお陰で、ささやかながら温かくて良い式をあげることができました。
実は、二人にとって、人生の節目、大切な日でありました。

今回挙式を急いだ理由があります。
1月×日に「乳がん」を宣告されました。1月の2×日に手術となります。
そう、あと一週間。

早期とはいえ、場所がいまいちなので、右胸の半分は取る温存、または、全摘出を行います。手術後も細胞の病理結果により、がん治療(抗がん・放射線・ホルモン治療など)を続けます。
とりあえず外科的に乳がんを取り除いちゃって、その後に、再発防止を目的とした、全身治療を行うって感じです。
手術前検診というやつは色々色々あるけれど、今後の方針は、手術してみないと具体的には分からないらしいの。ふ~~~~~


b0028085_17422076.jpg
今は、一つ一つの段階を消し込んでいくことで、自分の生存率を上げていくといった感じ。
私としては悪い原因がわかっているので、結構冷静だし、気楽。
ただふっとした時に、色々なぬくもり、やわらかさを感じてた所が・・・無くなる事が、寂しくて、寂しくて、、、。部位だけでなく、手を入れた部分については知覚もすらもなくなることが、、、なんだか寂しくて。
3年前だったら、全摘出のケースと言われてもなんだか勇気がもてません。
そして、手術後の治療方法によっては子供が無理な可能性も出てくるらしいし、彼のことお互いの家族のことを思うと、涙が止まらなくなってしまう。

言えるのは、転移率が低いとはいえ、ガンはガンであるということ。
一般に助かった人の話がいくらあったとしても、ガンはその人のガンであること。


大げさになってしまうから話をするのは迷ったのですが、以下のこと伝えとこーと思いました☆
「みなさん、自己触診しましょう。(私も自分で気づきました。)
マンモグラフィーだけじゃ、分かりません。超音波エコー診断、生針ができるところで検診しましょう。そして、乳腺外科医・専門医に診断してもらいましょう。」


先日の挙式で写真を撮ろう、ついでに挙式もしちゃおうというのは、彼の好意から。
そして、温かいお心遣い、お祝いの言葉、笑顔、本当にうれしかったです。
本当に、本当に、私は今幸せです。(T T)(号泣)
「病めるときも、健やかなるときも
互いに敬い、励ましあい、助け合い、愛し合うこと」を誓いました。

***
更新日付は今回後追いなので、てきとーです 。お久しぶりです。(2005.02.16)



-----
[PR]
by easy-easy | 2005-01-24 16:26 | -告白

忘れたくない日常を残そう、楽しくブログライフを過ごしていたら’05.1に乳ガンを宣告。温存できましたが3~5年前なら全摘のケース。1ヶ月入院、放射線後、ホルモン治療。下記カテゴリをクリック!!無断転載不可です


by easy-easy